魚の目

スポンサードリンク

足の裏や手などにできる魚の目。魚の目というのは強い痛みを伴う場合もある非常に厄介なものです。

 

魚の目はその存在からあまり深刻に考えない場合も多いですが、実は魚の目はあなた自身の体から発せられている警告である可能性もあるんですよ。

 

魚の目の主な原因としては、サイズの合っていない靴を長時間履いていることや、なんらかの原因によって体のバランスが崩れてしまっていることがあげられます。そのなかでも特に多いのは、靴などが原因になってできる魚の目です。女性は特に気を付ける必要があるのですが、爪先が細くなっているパンプスや、ヒールの高い靴を履いていると、指先に非常に大きな負担がかかります。その結果、指や足の側面が擦れ合い、魚の目ができてしまうんです。

 

 

魚の目というのは基本的にはタコと同じような存在です。擦れ合った箇所が硬くなるという過程も全く同じです。しかし、タコとは唯一違うのは、魚の目の場合にはその硬くなった部分に芯ができてしまうことです。その芯が皮膚の深い部分に刺さることによって痛みを感じます。魚の目が痛みを伴う原因はここにあります。

 

魚の目の治療法は、魚の目の芯を除去することで感知します。タコのように、表面だけを削ったりしても、全く意味はありません。むしろ、削ったりして魚の目の表面に刺激を与えてしまうと酷くなる可能性が高いので気を付けましょう。

 

 

最後に、魚の目はできる限り皮膚科で治療することをおすすめします。しかし、病院にすぐに行く時間がない場合には、自分でなんとか治すしかありません。その場合に便利なものや、最低限必要な知識などをまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク